串を活用したBBQの楽しみ方

串を活用したBBQの楽しみ方

串を活用したBBQの楽しみ方 BBQでは肉や魚を調理するために、串を多彩な形で使うことが多くなっています。
炭火を使うことが多いですから、火力を直接に伝えると美味しさが増して、香ばしい風味も残せます。
大きめに切った鶏肉を使う場合には、長ネギやピーマンなどを間に挟めば、いつもとは違った焼き鳥を作ることができます。
塊の牛肉にはハーブ風味の味付けをして、串に刺した状態で焼き上げれば、エスニック風の肉料理も楽しめます。
川沿いでBBQをして、新鮮な魚が手に入ったときには、内臓を取り除いてからは串に刺して、強火の遠火の状態で焼き上げることができます。
この方法は伝統的ですが、美味しさを引き出すためには最高で、焦げ付きにくい調理法としても重宝します。鮎などの川魚だけでなく、エビなどの海産物も同様に調理すれば、磯の香りが素晴らしい状態で広がります。
秋の季節にBBQをするときには、旬の松茸などのキノコ類を使えば、素晴らしい芳香や歯ごたえを堪能できます。

BBQで焼く食材は塊で焼くのがおいしい!

BBQで焼く食材は塊で焼くのがおいしい! BBQはいつもと違った開放的な空間が、食材のおいしさを倍増させてくれます。
いつもと同じ料理を作るのではなく、ちょっと豪快に食材を調理してみるというのも、楽しい思い出になるに違いありません。
BBQの醍醐味は、屋外で火を使うという事。そんなおもしろいクッキングタイムでぜひともチャレンジしたいのが、お肉を塊で焼くことです。
塊肉を焼く際には、下味をつけておくことを忘れずに。事前に塩などをすり込んでおくと、なかまで味がしみ込みます。
牛肉はレアで食べられるようにするのがポイントです。鉄の串で中心まで刺してみて、唇に当て、あたたかくなっているかどうかを調べるようにしましょう。
また、強火で焼いて、まだもう少し焼きたいというような場合には、アルミホイルでくるんで休ませると、人割と余熱で火が入りますので、しっとりと美味しくいただけます。
注意したいのは、鶏肉や、豚肉などの塊を焼く際です。
火が通っていないと、お腹を痛めたりしますので、かならず中心までしっかりと火が入っているかどうか、食べる前には切り分けてチェックすることを忘れずに行いましょう。